イタリア旅行⑦(ローマ中編1)


最近忙しいので中々更新できませんでしたが、ようやくローマ中篇です。一日中フリータイムで写真が多くなってしまったので中篇は1,2に分ける事にしました。

DPP_764_Rここで少しイタリアのバイク事情をご紹介。

イタリアのバイクメーカーとしてはドゥカティ(Ducati)、アプリリア(Aprilia)、それにべスパで有名なピアッジオ(Piaggio)などがありますが、街を歩いていてむしろ良く見かけたのはドイツのBMWと、この写真のイギリスのトライアンフ(Triumph)です。

DPP_92_R今回訪れた街では大抵の街で見かけました。トライアンフは大排気量の車種がメインなのか、大型ばかりでした。

DPP_93_R

クラシックバイクが好きな人には馴染みのある名前ですが、日本ではあまり見かけないメーカーだと思います。戦前から存在し100年以上の歴史がありますが、多くの会社と同じように何度か名前が変わったり経営者が変わったりしているようです。

イタリアは道が狭い街が多く、歴史地区などの場所によっては車は通行不可でバイクは可という場合もあるので、重宝するようです。チヴィタの一本橋も住民はバイクで移動してよいのだとか。

日本は戦前のオートバイメーカーとしては陸王、メグロなどがあり、一時は警察に採用されていた時期もありましたが、設計は海外の旧世代のバイクのコピー(陸王は元よりハーレーのライセンス生産)で、大排気量、大型であったため、戦後のより日本の風土に合った車両を求めて起こった小型化戦争に対抗出来ずメグロの終焉を最後に全滅してしまいました。

イギリスのブラフシューペリアやヴィンセントのように美しいバイクを作りながらも消えてしまったメーカーもありますが、それでも欧州ではまだ古いメーカーが残っているようで羨ましいです。

DPP_765_Rさて、話を戻して次の目的地に向かいます。

DPP_766_Rそうそう、イタリアはパトカーも洒落ています。イタリアでは警察はポリツィアと言いますが、その車両は水色に近い鮮やかなブルーにホワイトのラインの入った精悍なデザインです。

数年前にランボルギーニ社がイタリア警察の125周年記念としてランボルギーニガヤルドの特別仕様車、ガヤルドポリツィアを寄贈したのですが、その車両も同様のカラーリングでした。

世界最速のパトカーと言われ、訓練を受けた少数精鋭で運用されていましたが、その後急に飛び出してきた車を避けて駐車中の一般者に正面衝突、大破するという憂き目に。ランボルギーニの車両のなかでも一番好きな車だったのでとてもショックでした。幸いけが人は一人もなかったそうですが。

DPP_768_Rとまた脱線しているうちに目的地が近づいてきました。イタリアの車やバイクは話したい事が多すぎて困ります。

DPP_769_R目的地に到着。

DPP_776_Rサンタ・マリア・デラ・ヴィットリア教会

映画「天使と悪魔」にも登場する場所です。

DPP_774_R DPP_773_R DPP_772_R DPP_771_R DPP_770_R規模的にはそれほど大きな教会ではないのですが、中に入るとその贅を尽くした内装に驚かされます。

教会が一種の娯楽としての色の濃かった時代のものだと聞きましたが、現在でも出入りしているのは観光客が多い印象でした。

DPP_767_RDPP_775_R教会を出ると近くにふんぞり返った石像が。なんだか面白かったので誰かも分からないままパシャリ。

DPP_780_R DPP_779_R DPP_778_Rしばらく歩いていると見た事のない古そうな車を発見。この時はシトロエンということ以外分かりませんでしたが、調べてみるとシトロエンAMI 8という車種でした。風変わりなフェイスも面白いですが、サイドから見たときのリア周りのシルエットが見た事のない独特な形でした。

DPP_784_R通りがいい雰囲気だったのでえりなさんに被写体になってもらって一枚。

DPP_781_R少し道を外れると市場に遭遇しました。

DPP_782_R服、本、果物など、様々な物が並んでいます。果物屋さんのフルーツがとてもおいしそうだったので、値段も買い方も分からないまま身振り手振りで白ブドウを購入。二人で食べて少しもてあますほどの量で、300円くらい。後々調べると市場の果物はとても安いようです。それにとても新鮮でした。

DPP_783_R

大きな建物の前でブドウを食べながら少し休憩。

DPP_787_Rここまでにかなりの距離を歩いているので、相当の疲労感に襲われつつも歩いていると、大通りにべスパの群れが出現。写真で伝えきれませんが、20台近くはいたのではないでしょうか。

DPP_788_R大通りから少し入ると、市街地らしい地区に出ました。

DPP_786_R階段で座って休憩しながら、ふと上を見上げると鉄格子から猫が顔を出していました。

DPP_785_Rヨーロッパの猫は日本の猫より顔が小さいような気がするのですが・・・気のせいなのか種類的にそうなのか。

ローマ中編はここまで。まだまだ紹介する場所があるので後編に入りきるのか不安です。次は間を空けずに書きたいところですが、最近忙しいのでどうなることやら・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中