その数なんと・・・


新年の更新すらしていませんでしたが、生存はしています。

今回は面白い物を入手したのでその話題。

箱にぎっしりの大量のチェスピース。その数なんと約330と凄い数です。

デザインは基本的に同じ木製のピースで、サイズは大小様々。大体4つのサイズがあるようです。黒は黒檀らしく、塗装ではなくしっかりとした天然の黒。

ぼってりとした土台部分と全体的に細長いシルエットが特徴のピースで、特にキングは大きい特徴のある十字部分を持ちます。

黒は塗装ではないため、物によっては明るい色と交じり合った美しい色を持っています。

特に面白いのはこのあたりの駒。ナイトは丁度たてがみのように色が混ざっています。

ナイトの造型も力強く良いですが、残念ながらこのセットでは小さめのナイトが三つしか入っていませんでした。他の駒はどれも10個以上ずつはあるでしょうか。

 

これらは先日オークションで手に入れたもので、デザインが同じ事と雑多なサイズがざっくりとまとめて売られていたことから、恐らく何処かの工房の放出品が流れてきたのではないかと思います。ナイトが三つ、それも黒しかないので、ゲームには使えませんが、イベント用のグッズでキーホルダーのような小物を作ったり、展示のディスプレイなどに使えるのではと思い購入しました。

 

最近すっかり更新はしていませんが、手持ちのチェスは今も増えるばかり。また後々掲載していきます。

広告