販売物紹介


発注していたポストカードが刷り上りました。

DPP_2241_R前回掲載したラインナップから変更して、イタリアで撮影した風景写真3種と作品写真3種の計6種類となりました。

 

DPP_2243_R風景写真は昨年イタリアを旅した時に撮影した物。左からチヴィタ・ディ・ヴァーニョレージョ、ナヴォーナ広場、ローマの猫です。フィレンツェやヴェネツィアも入れたかったのですが、作品とのバランスも考えて今回はこの3点に絞りました。

DPP_2242_R裏面は全てシュヴァリエのエンブレムが入ったオリジナルデザインです。それぞれ縦横に対応しています。

 

CIMG0628_R CIMG0629_Rピューター製レターナイフ

こちらは以前から販売しているもの。銅を含む固めのピューターを使用しています。カラーはシルバーと燻しの二種類。燻しは永続的な物ではなく、擦れるうちにはがれてくるので味になります。

DPP_2248_R本錫製メダル

シュヴァリエ・ドラゴン・ライオン・オペラマスク-鷹-の4デザイン。こちらは銀を少量含んだ伝統工芸で使用される本錫を材料としています。

P1040872_Rループタイ

メダルを使用したループタイ。紐の色は紺のみです。

 

DPP_2250_R勲章ブローチ

趣味で作り始めて、素材を収集する内に今ではチャーム・リボン共に種類も豊富になった勲章ブローチ。ある程度の数を組み立てていくつもりですが、希望があれば当日希望の組み合わせでオーダーを受ける事も検討しています。こちらは完全なハンドメイドではなく、市販のパーツを組み合わせてデザインした物です。完全な手作り作品に拘る方はお気をつけ下さい。

1缶バッチ

上段から小・中・大サイズ。中が一番良く見かけるオーソドックスなタイプです。

この他にスペースの許す限りで制作中の作品等も展示したいと思っています。

 

 

来週10月25、26は是非、京都アートフェスタ artDive 2014にお越し下さい。

「京都アートフェスタ artDive 2014」
日程 2014年10月25日(土)・26日(日)
時間 11:00 〜 17:00
場所 京都市勧業館『みやこめっせ』第3展示場 全面

紹介ページ

http://www.artdive.net/artists/ad2014/ff7ee67d-b81f-47e6-81ee-41c381235cf5

 

広告

※再告知 京都アートフェスタartDive2014に出展します。


いよいよ開催日が迫ってきたので再告知です。

10月25・26日に開催される京都アートフェスタ artDive 2014に出展します。

造形作家集団-chevalier-として、松井弘明とタウユ・ラ・ハガスの二名での参加です。
入場料は無料ですのでお誘い合わせの上お越し下さい。

「京都アートフェスタ artDive 2014」
日程 2014年10月25日(土)・26日(日)
時間 11:00 〜 17:00
場所 京都市勧業館『みやこめっせ』第3展示場 全面

紹介ページ
http://www.artdive.net/artists/ad2014/ff7ee67d-b81f-47e6-81ee-41c381235cf5

 

12_R現在物販用にポストカードも作成中。今回は宛名面もデザインしました。制作の合間を見て、もう少し種類を増やすかもしれません。

その他作品の展示や、レターナイフ・ループタイなどのオリジナル錫製小物なども販売予定です。販売物は後ほどアップしていきます。

 

キングver.2(全体)


今回リメイクした駒はこれで最後。キングver.2。

king1 king2 king3 king4これで人型の駒のリメイク作業はひと段落つきました。

次にルークとビショップをどうするか。今回の駒と違って、人型ではないので、ギミックを仕込むならデザインを元から考え直す必要がありそうです。かといって、無理に可動化を意識して造形的につまらない物になるのは良くないので、そこはこれからデザインをしながら詰めていこうかと思います。

鋳造待ち作品


最近大分制作は進みましたが、まだ作りかけがこんなに。

P1050436エンブレムは鋳造前に新しいデザインになってしまった・・・

一応パーツごとに分割しているので新しくなった部分を作れば対応出来ます。

徐々に処理していかなければ。

新エンブレム


チェスピースのリメイクに合わせて、データも新規に作り起こしました。

 

ポーンポーン

クイーンクイーン

キングキング

 

左二つは写真からトレースして制作。せっかくなのでフェイスオープン版も作りました。

一番右は缶バッジや色々な図案に使いやすいように少し手を加えました。

 

新エンブレム三つの図案が出来たので、造形作家集団-chevalier-のエンブレムも新たにデザインし直しました。

e382a8e383b3e38396e383ace383a01.jpg以前の物と比べると、駒が新しくなった他に、ランスだった部分をよりボリュームのある旗に変更しています。

 

イベント用のグッズなど、新しい図案を使ってまた色々と作っていく予定です。

作品ではなく商品として。


イラストレーターでデザインした物をある方法を応用して立体にしてみました。3Dプリンターのようなハイテクではありません。めちゃくちゃローテクです。作り型は機会があればいずれまた。

今回の物はフリー素材と古い紋章をデータ化したものを組み合わせただけの簡単なものなので作品とは言えませんが、アクセサリーとしては自分の欲しいデザインが手軽に出来ていい方法だと思いました。

趣味のボードゲームのマーカー作りなんかにも活かせそうです。

個人的な考えでは、作品と商品、自分の作るものはこの二つに分けて考えれば良いと思っています。

自分が手で作るものは作品として。納得いくまで作っては壊して、そして完成した作品の均等ではないバランスも、またある意味では作家性となって活きていくと。

思いついたデザインを出力したものは商品として。服飾、ジュエリー、雑貨などへの関心から、常日頃からこういうものがあればいいのにと考える事があります。それを比較的短時間で実現する方法を使って形にするのは、作品とは違っても面白いし、また商品としては幅が広がっていいと。

ひとまず工房で15個ほど量産してみました。

他にもいくつか準備しているデザインがあるので、アクセサリーやキーホルダーなどにして順次造型作家集団-chevalier-のWEBSHOPにも並べていく予定です。

アートダイブ終了。


徹夜明けから始まって、何とか二日間の出展を終えました。ご来場頂いた方々と色々なお話が出来て、モチベーションを上げる事が出来ました。

今回は直前に完成予定の作品が失敗してしまったので、立体の新作を持っていく事が出来ませんでしたが、グラフィック作品ではステッカーを新たにいくつか制作しました。

工房に弟子入りしたり、大学のアシスタントとモデルの仕事が忙しかったりで、まとまった時間があまりなかったとはいえ、展示内容としてはやはり立体の新作がなかったのは自分としては良くない部分でした。

次回展覧会やイベントをやる際にはもっと沢山の作品たちを発表出来たらなと思います。

作品を見て頂いた方、気に入って頂いた方、何か物足りないと思った方も、こちらのブログまでお付き合い頂きありがとうございます。好評であれ批評であれ、見た人の感情から放たれる言葉は、制作する人間としては励みになり、また悔しさは次の制作へのバネになります。

ここでどんな事を書いても、人にどんな話をしても、それらを表現するのは、作品だけであるのだと、制作者としての私は考えます。

ただ、作品を見ただけで、心に何かを残せるような、そんな作品が作りたいと常々思っています。
それは人に媚びる事ではなく、世間に媚びる事ではなく、ただ自分の表現としての目標です。

だからこそ、人に何を言われても、自分の価値観を失わず、向上心を失わず、これからも自分の求める作品を作り続けていきたいと思います。

ご来場頂いた方々、本当にありがとう御座いました。