イタリア旅行⑦(ローマ前編)


また間が空きましたがイタリア旅行ローマ篇です。

ローマに到着した日はほぼバチカン市国しか観光出来ませんでした。滞在二日目は一日フリータイムなので、ホテルからバスに乗ってローマの中心あたりにあるヴェネツィア広場へ移動。そこから徒歩で観光スタートです。

DPP_758_Rヴェネツィア広場の前には一日目に見た巨大な建造物、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂があります。

DPP_759_R贅を尽くしたといった作りの建造物ですが、ごてごての装飾に真っ白な外壁は少々派手で、街並みから浮いているような気もしました。

DPP_793_Rこの建物、巨大ですが、市役所でもなければ教会でも、貴族の館でもありません。訪れた時は何のための建物なのか分かりませんでした。

DPP_794_R調べてみると、イタリア統一を果たした初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の功績を称えて建造されたものなのだそうです。

しかし住民の間では街の景観に合っているとは言いがたい外観から、ウェディングケーキ、入れ歯、タイプライターなどと呼ばれあまり歓迎されていないそうです。

DPP_760_R建造の際に元々あった中世の街並みを撤去して建てられたらしく、古い建物を残す運動を大々的にしているイタリアにあって、珍しく疑問に感じる建物でした。

DPP_756_Rさて、この日の最初の目的地はローマの休日で有名なアレのある場所です。ローマは建物は古いとは言え、全体的にアスファルトで舗装されているため都会的な雰囲気ですが、歩いていると所々に古代ローマ時代の遺跡が残っていて不思議な時代感覚に陥ります。

DPP_750_R少し歩くと円形の古い建物が。良く似ていますがコロッセオではありません。マルケッルス劇場という古代ローマの劇場なのだそうです。車やバイクのサイズから、コロッセオよりは小さいのがわかります。

しかし建造されたのは紀元前13年ごろなので、コロッセオよりも年代は100年近く古いようです。現在は上の部分がアパートとして利用されているのだとか。

DPP_751_R DPP_752_R更に古い街並みを見ながらとことこ。

古びた石造りの建物の横に敷かれたアスファルトの上を車が行きかうというなんとも不思議な空間。

DPP_755_Rしかし欧州車はやはり良いです。日本でも未だにそこそこ走っているオールドミニクーパーですが、ヨーロッパで見るととても馴染んで見えます。

DPP_753_Rそして第一チェックポイントに到着。サンタ・マリア・イン・コスメディン教会です。今まで見てきた壮大な建物からするとこじんまりとした建物ですが、

DPP_754_Rここにはとても有名な真実の口があります。

非常に人気のある観光スポットで、早めに出発したにもかかわらず、すでにかなりの人が列をなしていました。当然皆ここに手を入れて記念撮影するのが目的です。

私はと言うと、実はそれほど興味があったわけではないので、外から撮影だけして次の目的地へ。ちなみに真実の口が置かれているのは教会の外側、柵で覆われた場所なので、横からなら並ばずに写真を撮る事が出来ます。

DPP_757_R

今更ですが、実は7月に造形作家集団-chevalier-のメンバーで、学生時代から連れ添ってきたなかむらえりなさんと入籍しました。今回の旅行は所謂新婚旅行です。

どこかに書かなければと思いながらどこで触れていいのか分からずこの妙なタイミングになってしまいました。

実は真実の口を見たいと言いだしたのは彼女で、ローマでは彼女の好きな映画、「ローマの休日」と「天使と悪魔」に登場した場所をメインに散策します。

DPP_762_Rサンタ・マリア・イン・コスメディン教会から一度ヴェネツィア広場まで引き返して次の目的地に向かいます。

DPP_761_R古代ローマ時代のショッピングモールだそうです。大昔に、既に5階建てのショッピングモールがあったというのが、日本の同じ時代と繋げて考えるとどうにも信じられません。本当に高度な建築技術です。

ローマも写真が多いのでひとまずここまで。

広告

イタリア旅行⑥(バチカン市国)


チヴィタを離れて昼頃にはローマに到着。

DPP_676_Rヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂を抜けてまずはランチのお店に移動。この建物についてはまた後ほど。

ランチは日本人観光客向けのお店で正直美味しくはありませんでした。・・・ので触れません。

DPP_677_R食事を済ませると現地ガイドと合流。ローマの中にある世界最小の国、バチカン市国へ向かいます。

DPP_678_Rバチカン美術館に入る際にボディーチェックはありますが、特別な入国手続きなどはありません。一国家であると言っても特殊な形態の国のため、イタリアに入国する人は入国が許されているそうです。

DPP_679_Rイヤホンガイド付きのツアーの場合はここで専用の機材を渡されます。普通は旅行会社から渡されるのですが、バチカン市国では専用の物を使う決まりなのだそうです。

DPP_680_R美術館に入る前に色々と説明を受けます。途中建物を撮影できるポイントがあり

DPP_681_R DPP_682_R DPP_683_R DPP_684_R中には多数の美術品が。

DPP_687_R DPP_686_R面白いのがこの天井。一見立体的なレリーフに見えますが、実際には騙し絵のようになった絵画です。

DPP_685_Rところどころ破損しているところもあります。

DPP_688_R多数の絵画や織物を見ながらどんどん進みます。

DPP_689_R建物一面がこのような状態で、信じられない労力が掛かっているであろうことに驚かされます。

DPP_690_R DPP_691_R甲冑のレリーフも。ヨーロッパに行ったら制作の参考に甲冑を見たいと思っていましたが、実物の甲冑は結局見られませんでした。兜だけなら売っているお店もありますが。

DPP_692_R一体この小さな国にどれほどの彫刻があるのでしょうか。

DPP_694_R DPP_693_Rレリーフもそこかしこにあります。

DPP_695_Rバチカン美術館を出てシスティーナ礼拝堂へ。

DPP_696_R DPP_697_R中にも煌びやかなレリーフや彫刻。

DPP_698_Rミケランジェロの「ピエタ」。

哀れみ、慈悲などの意味を持つイタリア語で、十字架から下ろされたキリストを抱くマリアというテーマの作品の形態です。宗教芸術では良くありますが、同じ題材で多数の作家が作品を制作しています。

その美しさに嫉妬した芸術家が破壊しようとした事件が原因で、現在はガラスに覆われています。とても残念です。

DPP_699_Rシスティーナ礼拝堂の中は薄暗く、高い屋根とドームから取り入れられた光が荘厳な空間を演出しています。

DPP_701_R私は無神論者ですが、この空間を作り上げた人々がいたことには素直に驚嘆しました。権威ある宗教建築でなければ、これほどのものは作れなかったでしょう。

DPP_702_R DPP_703_RDPP_704_R礼拝堂の中のマンホール(なのかわかりませんが)のふた。金属製で、細かい装飾が施された姿は宝飾品のようです。

DPP_705_R外に出るとバチカン市国を守るスイス衛兵の姿が。派手なデザインはミケランジェロデザインという説もありますが、どうも諸説あるようです。

写真で見ると派手な制服はこの場に合わないのではないかと思っていましたが、実際に眼にすると不思議と馴染んで見えました。交代の時以外は直立不動です。

 

DPP_706_R夜のサン・ピエトロ大聖堂。美しくライトアップされています。

DPP_707_R少し離れたほうがドームが写って綺麗なのですが、離れると石塔が写りこんでしまうので正面からは上手く撮れません。この広場の雰囲気を写真で伝えるのは少し難しいようです。