※再告知 京都アートフェスタartDive2014に出展します。


いよいよ開催日が迫ってきたので再告知です。

10月25・26日に開催される京都アートフェスタ artDive 2014に出展します。

造形作家集団-chevalier-として、松井弘明とタウユ・ラ・ハガスの二名での参加です。
入場料は無料ですのでお誘い合わせの上お越し下さい。

「京都アートフェスタ artDive 2014」
日程 2014年10月25日(土)・26日(日)
時間 11:00 〜 17:00
場所 京都市勧業館『みやこめっせ』第3展示場 全面

紹介ページ
http://www.artdive.net/artists/ad2014/ff7ee67d-b81f-47e6-81ee-41c381235cf5

 

12_R現在物販用にポストカードも作成中。今回は宛名面もデザインしました。制作の合間を見て、もう少し種類を増やすかもしれません。

その他作品の展示や、レターナイフ・ループタイなどのオリジナル錫製小物なども販売予定です。販売物は後ほどアップしていきます。

 

広告

イタリア旅行①(ヴェネツィア後編)


ヴェネツィア後編は多数あった仮面のお店の写真を掲載します。DPP_129_R他のヴェネツィアンマスクとは雰囲気の違う動物のマスク

DPP_154_R
DPP_153_R
DPP_150_R個人的に好きな雰囲気の銀色の仮面。
DPP_146_R
DPP_135_R
DPP_136_R天狗のような真紅の仮面
DPP_725_R
DPP_733_R
DPP_732_Rレリーフのような大きな装飾が施されたもの。
DPP_734_R
DPP_726_Rこれは教皇のミトラのような意匠です。

本当に被れるのかというほど大きな装飾のついたものも沢山ありました。もしかしたら一部はディスプレイ用かもしれません。繊細な装飾は、自分の作品でも参考にするところの多いものばかりでした。

 

DPP_279_RDPP_735_RDPP_736_RDPP_737_RDPP_738_R

二日目の朝、クルーザーでヴェネツィアの街とお別れ。

倒れそうなほど歩きまわったのに、まだまだ歩き足りないと思うほど、とても素敵な街でした。イタリア語を勉強して、今度はツアーではなく個人旅行でゆっくりと時間をとって回りたい。

沢山制作の刺激を貰う事が出来ました。

ヴェネツィアで購入したお土産紹介。

DPP_465_Rまずはお土産の定番キーホルダーとピンバッチ。各都市ごとにその町のシンボルとなっている物のデザインがあり、収集する楽しみがあります。

DPP_480_Rそしてヴェネツィアといえばやはりヴェネツィアンマスクと言われる仮面(マスケラ)です。非常に多彩なデザインの物が売られています。

DPP_479_R鼻の長い物や

DPP_478_R猫の仮面。

DPP_476_RDPP_475_RDPP_477_Rそしてオーソドックスなデザインの物。

伝統的な物は張子で作られるようですが、今回買ってきたのはプラスチック製のベースとなる素の状態の物ばかりです。装飾されたものは破損が怖かったのと、ベースのシンプルな物なら型取りして複製できるかもしれないと踏んでの判断です。

DPP_474_Rそして今回買ったマスクの中で最も惹かれたのがこの金属のマスク。細かい透かしのデザインはレーザー加工か何かだと思いますが、とにかく繊細で、ゴールドのカラーで美しく輝きます。

イタリアの現在のお土産事情として、日本と同じく中国から入ってくる物が相当あるというのが現状のようです。

仮面も樹脂製の安価なものは中国製の物も多いようです。注意しなければいけないのが、最近の中国製品はMade in ChinaではなくMade in PRCと表記されている場合が多いという事。

これは(People’s Republic of China)の略です。

中国製品が頭ごなしに悪いとは言いませんが、どこのものか分かりにくくしているのには少し問題を感じます。とはいえ、良好な品質の物も多く、消費者が承知の上なら、土産代も安く済むので利用価値はあると思います。せっかくイタリアに来たのだから何が何でも土地の物が欲しいと言う人は気をつけたほうがいいでしょう。

イタリア旅行①(ヴェネツィア前編)


初めての海外旅行で一週間イタリアに行っていました。

初日はヴェネツィア。そこからシエナ、サン・ジミニャーノ、フィレンツェ、チビタディヴァニョレージョ、ローマ、ヴァチカン市国を渡り歩きました。

ヴェネツィアから順にご紹介していきます。

IMG_4004_Rドゥカーレ宮殿

ヴェネツィア共和国時代の政治の中枢だった建造物。非常に洗練された美しい姿です。

IMG_4014_Rサン・マルコ広場の脇には巨大な鐘楼が聳え立っています。

IMG_4050_R今回は人が多かったので見合わせましたが、入場料を払えば鐘楼に登る事も出来ます。

IMG_4073_R

回廊に囲まれたサンマルコ広場。回廊には土産屋、飲食店、ブランドショップなどの様々な店が軒を連ねています。

気温は30度を超えるほどでしたが、乾燥しているので長袖でも快適に過ごせました。

DPP_729_R広場の石柱の上にはヴェネツィアのシンボル、聖書を持つ翼の生えたライオンの彫刻が見えます。

これはヴェネツィアの守護聖人である聖マルコのシンボルが翼の生えたライオンだった事に由来するそうです。DPP_730_RDPP_731_Rこのシンボルはヴェネツィアの各所に見られます。

IMG_4267_Rリアルト橋(Ponte di Rialto)

ヴェネツィアを扱う作品には必ずと言っていいほど出てくるのでヴェネツィアと言えばこの橋を思い浮かべる人も多いでしょう。DPP_284_R

ゴンドラ乗り場は観光客であふれていました。DPP_285_R

静かで優雅な雰囲気を想像していましたが、ゴンドラの数もかなり多く、水路も狭い所が多いため、ゴンドラ同士がぶつかりそうになるのをゴンドリエーレ(船頭)が上手く操りながら進んでいました

IMG_4329_R

DPP_155_Rリアルト橋の架かる大きな運河は、カナルグランデ(大運河の意)と呼ばれ、ヴェネツィアを文字通り二分する川です。DPP_256_R

街の景色はどこをとっても映画かなにかを見ているような壮大さがあります。建物一つ一つが非常に古い物ばかりで、ヨーロッパの建築の歴史の長さを感じます。DPP_255_R

街にはオープンカフェのお店が沢山ならんでいて、活気があります。

DPP_156_R街中に水路が走っています。そもそもヴェネツィアは、街を分断して水路を作ったのではなく、小さな島の集まりを橋で繋いで街にしていったそうです。車の通れる道はなく、市内では舟が移動の足になっています。舟用の信号もあれば、ガソリンスタンドもあります。

DPP_723_Rゴンドラ以外にも地元の人のボートや、水上タクシーなども行き来しています。

DPP_728_R歩いているとゴンドラが留めて合ったので全体を。美しい装飾が施され、シルエットも優雅な曲線を描いています。

DPP_157_R

DPP_148_R有名なカーニバル(謝肉祭)で使うためのヴェネチアンマスクのお店があちこちにありました。

DPP_138_Rブランク状態の仮面は1ユーロ(130円ほど)ぐらいからあり、豪華に装飾された高価なものまで様々な種類がありました。形の豊富さにも驚かされます。実際に行くまでに想像していたより遥かに多彩なデザインの物がありました。

DPP_158_R仮面以外にも、日本では滅多に見られないような素晴らしい衣装が沢山ありました。個人的に大好きで憧れのある片マントの貴族風の衣装も。

DPP_159_Rチェスのお店もありました。イタリア語ではスカッキ(Scacchi)と言います。写真は恐らく店で一番高価と思われるセット。見たこともないほど凝った細工で、今まで見た中でも最高のセットだと思います。

DPP_160_R以前オークションで高額出品されて話題になったマイケルジャクソンのチェスとデザイン・素材ともに似ています。同じ工房のものでしょうか?サイズはマイケルのものよりは小さいようでした。

※その後調べてイタリアのイタルファーマ(italfama)社の物だと判明。日本で見かけるイタリア製のブラスのチェスなどは大体この工房が作っている物のようです。普通のスタントンタイプのチェスセットから、このセットと同様の仕様の非常に高価なセット(数十万~百万を超えるものまで)等の多数のチェスセットを製造している会社のようです。

 

写真の整理も出来ていないのでひとまずここまで。取材旅行という側面もあったので、大量に写真をとりましたが、帰って見ると2000枚近く撮っていました。専用のソフトがないと現像できないRAWデータで保存していたので、現像処理だけでも大変です。

キングver.2(全体)


今回リメイクした駒はこれで最後。キングver.2。

king1 king2 king3 king4これで人型の駒のリメイク作業はひと段落つきました。

次にルークとビショップをどうするか。今回の駒と違って、人型ではないので、ギミックを仕込むならデザインを元から考え直す必要がありそうです。かといって、無理に可動化を意識して造形的につまらない物になるのは良くないので、そこはこれからデザインをしながら詰めていこうかと思います。

クイーンver.2(全体)


二代目のクイーン。

qeen1 qeen2 qeen3 qeen4後ろから見た襟のデザインが気に入っています。組み立てた後のシルエットも広がった襟がアクセントになっているため、ボリュームのある形になりました。

依頼制作


少し前にこの制作記録を見てオペラマスク-鷹-を衣装として使いたいという方からの依頼で、実際に被るためのマスクを制作しました。

P1050346P1050347素材は顔の形が多少違っても対応出来るよう、いつもは型取りに使用しているシリコンを使いました。

P1050401 P1050400写真では分かりづらいですが、補強のために要所要所にストッキングを張り込んでいます。これはシリコン型を制作する際の一般的なテクニックで、裂け強度の低いシリコンの特性を補う事が出来ます。

 

造形素材としては初めて使用しましたが、細かい型を取れる素材だけあって、ディテールは綺麗に出ました。

後は使い勝手の問題。こればかりは使ってみないと分からない所です。

機会があればイベント等にも使ってみようかと思います。

依頼された方がどのように使われるのかは、またいずれご紹介したいと思います。

キングver.2


少し苦戦しましたが形になって来ました。

P1050189 P1050190 P1050191 P1050192

全体的には初代キングのシルエットを踏襲しています。

P1050189 P1050179王冠と角飾りはそのまま流用。首周りの鎧も初代に近いシルエットです。ギミックの関係もあり、色々と変わったのはマスク回り。

P1050196 P1050193 P1050195王冠が稼働の邪魔になるため、仮面の下部分だけがフェイスオープンする構造です。

P1050197 P1050199仮面を隙間なく合わせるのに少し苦戦しましたが、微調整を繰り返して綺麗なシルエットに収まりました

P1050201 P1050200これで人型の駒は大体出来てきました。後は細部の仕上げをして型取りに移ります。