その数なんと・・・


新年の更新すらしていませんでしたが、生存はしています。

今回は面白い物を入手したのでその話題。

箱にぎっしりの大量のチェスピース。その数なんと約330と凄い数です。

デザインは基本的に同じ木製のピースで、サイズは大小様々。大体4つのサイズがあるようです。黒は黒檀らしく、塗装ではなくしっかりとした天然の黒。

ぼってりとした土台部分と全体的に細長いシルエットが特徴のピースで、特にキングは大きい特徴のある十字部分を持ちます。

黒は塗装ではないため、物によっては明るい色と交じり合った美しい色を持っています。

特に面白いのはこのあたりの駒。ナイトは丁度たてがみのように色が混ざっています。

ナイトの造型も力強く良いですが、残念ながらこのセットでは小さめのナイトが三つしか入っていませんでした。他の駒はどれも10個以上ずつはあるでしょうか。

 

これらは先日オークションで手に入れたもので、デザインが同じ事と雑多なサイズがざっくりとまとめて売られていたことから、恐らく何処かの工房の放出品が流れてきたのではないかと思います。ナイトが三つ、それも黒しかないので、ゲームには使えませんが、イベント用のグッズでキーホルダーのような小物を作ったり、展示のディスプレイなどに使えるのではと思い購入しました。

 

最近すっかり更新はしていませんが、手持ちのチェスは今も増えるばかり。また後々掲載していきます。

広告

HPリニューアルしました。


昨年ブログをHP化したところでしたが、仕事で縁があり新しいHPを制作して頂きました。


新サイトURL
http://www.hiroakimatsui.com/

作品やチェスのギャラリーも以前より充実し、見ごたえのあるサイトになっています。今後はこちらをホームとして、ブログのみ以前のまま運営していくことになります。

昨年は身体の故障などもあり作家活動の方はあまり出来ませんでしたが、年末になってSG株式会社様よりチェスをモチーフとした照明器具の企画へのオファーがあり、デザイン、原型製作を担当させて頂きました。

無事完成した試作品は昨年11月に東京ビッグサイトにて開催された「インテリアライフスタイルリビング」にて発表、展示され、今年の2月より会場にて興味を持たれた方から受注生産が開始しているそうです。
限定販売ということではなく、後ほど一般販売も始まる予定です。

展示会の様子はまた後日写真とともに掲載します。次回は原型制作の様子をレポートします。

チェスについての考察①


HP化してからサブコンテンツとして急ピッチで整理していたチェスのギャラリー。撮影ブースで撮れるサイズの物はほぼ掲載し終わり、数えた所その数実に50セット。ブースに入らない大型セットや、チェステーブルなどがもう少しあるのでかなりの数になりました。

実は今回掲載するまで数をきちんと数えた事がなく、大体40前後という認識でした。元々資料として集めている物なので、画像の整理が出来た上に、コンテンツも充実出来て有意義な作業になりました。

さて、ここでチェスについて少し。
チェスにはキング、クイーン、ビショップ、ナイト、ルーク、ポーンの6種類の駒があり、白と黒の陣営に分かれ、それぞれにキング1、クイーン1、ビショップ2、ナイト2、ルーク2、ポーン8の16個の駒がチェス盤に並びます。

金属・大理石ゲーム開始時の駒の配置

現在のチェスは国際化された競技のため、国際標準として採用されている、”スタントンタイプ”というデザインが一般的です。これが今日チェスと聞いて大勢の人が思い浮かべるデザインのもので、
・役割の認識のしやすさ
・扱いやすさ
・デザインの美しさ
・普及に適した生産性
のバランスの取れたデザインの物です。

ではチェスは昔からこのデザインなのかというと、そうではありません。

元々チェスはインドで戦争ゲームとして発祥した”チャトランガ”というゲームがヨーロッパに伝わり、各国を巡るうちに名を変え、ルールを変え、姿を変えて成立していったものと考えられています。このチャトランガはチェス系統の類似のゲームの源流であり、日本の将棋、中国のシャンチー、タイのマックルークなどは全てチャトランガを元にローカライズされて成立したものであると言われています。

その中でもチェスがユニークであるのは、陸続きのヨーロッパの広大な地域を渡り歩いて成立していったという部分です。その途中当然各地で独自の駒が作られ、国際的な競技になるまでは各地域で”地域駒”とも呼ばれるローカルな駒が使われていました。

DPP_10013_R所有するセットのナイトたち(一部)

チェスの中でも一際個性的なのがナイトの駒です。騎士を表すナイトの駒は、多くの場合馬の姿で表現されます。一部では馬に跨る騎士であったり、甲冑を着た騎士その物である場合も見られます。

ナイトはチェスの中でも最も美しい駒と言われ、しばしばチェスを表すアイコンなどにも使用されます。

また、スタントンタイプではロクロ製法で作る事が出来る他の駒に対して、ナイトだけはロクロで作れるのは台座だけで、馬の姿は彫刻的な表現がなされているため、高級な駒になると一つの彫刻作品と言えるような手間をかけて作られる物もあります。

DPP_10017_R所有する木製のナイトの一部。

左の物は耳が尖った特徴的な形で、ロバのような愛らしい姿です。これはタイ製のもので、チェスというよりもタイのマックルークの駒に見られる特徴が反映されているようです。
右から二番目のものはトルコ製のもの。加工技術は高くありませんが、目玉の表現が特徴的です。その他の物はスタントンタイプに準じた省略的な表現の駒です。

続く

イタリア旅行⑦(ローマ中編2)


旅行から実に半年ほどが過ぎてしまい、年も越してしまいましたが、イタリア旅行記です。内容がやはり多すぎるので中篇を1,2に分ける事にしました。

DPP_789_R DPP_790_R DPP_791_R DPP_792_R市街地を抜けると古代ローマの遺跡が見えてきました。ここは旅行で見た遺跡の中でも特に広い範囲に建物が残っていて、本当に古代の町が一つ目の前に現れたような印象です。

現在でも調査している所も多いようで、何度か作業をしている人を見かけました。

ローマ遺跡2_Rパノラマで撮るとこんな雰囲気です。これでもまだ収まりきりませんでした。

DPP_795_R DPP_796_R DPP_797_R遺跡を通り過ぎ、ヴェネツィア広場のあたりに戻ってきたところで再びべスパの大群と遭遇。

二人乗りばかりであるあたり、ローマの休日とべスパの愛好会のようなものなのかもしれません。ガイドの話では今はイタリアでもべスパはあまり一般的に見かける車両ではないと言っていたので、珍しい光景かもしれません。

DPP_798_R DPP_799_Rヴェネツィア広場を抜けると、しばらく大通りからはずれ、次の目的地までは小さな路地を歩いてまわりました。

DPP_801_R DPP_800_Rなんでもない建物、道、一つ一つがとても美しく、景色が移り変わる旅にイタリアを感じる事が出来ました。

DPP_803_R DPP_804_R DPP_805_R初めての海外旅行でしたが、一番楽しかったのは、食事より美術館より、ただ普通の道を歩くという事であったように思います。

DPP_807_R特徴的な彫刻を過ぎて、

DPP_808_R DPP_809_Rとても古い建物を横ぎり

DPP_810_R広場に出るとまた馬車が。

DPP_811_R振り返ると先ほどの古い建物の正面が見られます。ギリシャの神殿のようですが、何の建物か分からなかったので後日分かれば追記しておきます。

DPP_812_R目的地はもうすぐです。

DPP_817_R美しい建造物とかなり大きい広場に出ました。ここが目的地ナヴォーナ広場です。

DPP_813_Rこの広場にある噴水が目的の場所です。

DPP_815_Rネプチューンの噴水。天使と悪魔で司祭が沈められ、ラングドンが助けに入った場所です。映画では柵はなかったようですが。

DPP_816_R広場は露店が多く、絵を売っている作家らしき人も多くみられ、とても活気のある場所でした。

近くにチェスを多数扱うお店もありましたが、店内なので写真は控えました。

DPP_818_R DPP_819_R DPP_820_R DPP_821_Rナヴォーナ広場を越えるとまた古い建物に囲まれた裏通りに入りました。

DPP_822_R DPP_823_R途中とても美しいバイクに遭遇。ロイヤルエンフィールドです。とても佇まいの美しい車体で、石畳の上、日の光に照らされて、何ともいえない雰囲気でそこに立っていました。

DPP_824_R少し曲がった道を抜けると

DPP_825_Rチェスの対局をしている人々が。個人的なイメージではもっとあちこちで対局している人がいるかと思いましたが、これが初めての遭遇でした。

DPP_826_Rそしてまたミニクーパー。本当に絵になります。

DPP_827_Rそしてサンタンジェロ城に到着。

DPP_828_R中は展覧会か何かをやっていたようですが、橋を渡って、外観を見て満足したので入場は見送りました。

DPP_829_Rサンタンジェロ城の脇に止められていた軍用車両。ランドローバーディフェンダーのようですが、ディフェンダーの軍用版でウルフという車両があるそうなのでそれでしょうか。ディフェンダーは好きな車ですが、軍用車両があるのは知りませんでした。ディフェンダー自体が軍用っぽいアウトドアな車種なので、不思議ではなかったのですが。

※その後調べたところ、イタリア軍で採用されている車両はランドローバーウルフに酷似しているものの、車両としてはあくまでランドローバーディフェンダーベースのもので、ウルフで強化されたシャシーなどは引き継がれていないとのこと。

DPP_830_R車ではないですが、少し面白いと思った清掃用と思われる車両。なんだかノミのようでユーモラスな姿です。

DPP_831_R DPP_832_R DPP_833_Rイタリアでは道が古く狭いため、また駐車スペースの確保の難しさから、一般に小さな車が人気のようです。

初めて日本でスマートを見たときは変わったシルエットだなと思いましたが、今のイタリアではむしろスマートを初めとした小型の車が多く走っています。

小型といえば日本の軽自動車が走っていてもよさそうなものですが、見かけることはありません。

聞くところによると、日本の軽自動車は独自の基準で進化してきたため、今のままでは海外の基準に適合出来ず、販売出来ないのだそうです。日本市場では多くを占めていながら、携帯と同じガラパゴス化の道を辿ってしまったため、現在各社で輸出のための方法が議論されているのだとか。

さて、次で本当に最後です。後編はローマ最終日。そしてイタリア最終日です。

オリジナルチェスセット-chivalry-(イラスト)


駒の全体像をデータにしてみました。

ナイトのver.2が少しデータ化しにくい形のため、今のところナイトは古いままです。もう少し練習してから再チャレンジしてみます。

イラストだと駒の横からの形が分かりやすいと思います。

チェスセット - コピー

キングver.2(全体)


今回リメイクした駒はこれで最後。キングver.2。

king1 king2 king3 king4これで人型の駒のリメイク作業はひと段落つきました。

次にルークとビショップをどうするか。今回の駒と違って、人型ではないので、ギミックを仕込むならデザインを元から考え直す必要がありそうです。かといって、無理に可動化を意識して造形的につまらない物になるのは良くないので、そこはこれからデザインをしながら詰めていこうかと思います。

クイーンver.2(全体)


二代目のクイーン。

qeen1 qeen2 qeen3 qeen4後ろから見た襟のデザインが気に入っています。組み立てた後のシルエットも広がった襟がアクセントになっているため、ボリュームのある形になりました。