販売物紹介


発注していたポストカードが刷り上りました。

DPP_2241_R前回掲載したラインナップから変更して、イタリアで撮影した風景写真3種と作品写真3種の計6種類となりました。

 

DPP_2243_R風景写真は昨年イタリアを旅した時に撮影した物。左からチヴィタ・ディ・ヴァーニョレージョ、ナヴォーナ広場、ローマの猫です。フィレンツェやヴェネツィアも入れたかったのですが、作品とのバランスも考えて今回はこの3点に絞りました。

DPP_2242_R裏面は全てシュヴァリエのエンブレムが入ったオリジナルデザインです。それぞれ縦横に対応しています。

 

CIMG0628_R CIMG0629_Rピューター製レターナイフ

こちらは以前から販売しているもの。銅を含む固めのピューターを使用しています。カラーはシルバーと燻しの二種類。燻しは永続的な物ではなく、擦れるうちにはがれてくるので味になります。

DPP_2248_R本錫製メダル

シュヴァリエ・ドラゴン・ライオン・オペラマスク-鷹-の4デザイン。こちらは銀を少量含んだ伝統工芸で使用される本錫を材料としています。

P1040872_Rループタイ

メダルを使用したループタイ。紐の色は紺のみです。

 

DPP_2250_R勲章ブローチ

趣味で作り始めて、素材を収集する内に今ではチャーム・リボン共に種類も豊富になった勲章ブローチ。ある程度の数を組み立てていくつもりですが、希望があれば当日希望の組み合わせでオーダーを受ける事も検討しています。こちらは完全なハンドメイドではなく、市販のパーツを組み合わせてデザインした物です。完全な手作り作品に拘る方はお気をつけ下さい。

1缶バッチ

上段から小・中・大サイズ。中が一番良く見かけるオーソドックスなタイプです。

この他にスペースの許す限りで制作中の作品等も展示したいと思っています。

 

 

来週10月25、26は是非、京都アートフェスタ artDive 2014にお越し下さい。

「京都アートフェスタ artDive 2014」
日程 2014年10月25日(土)・26日(日)
時間 11:00 〜 17:00
場所 京都市勧業館『みやこめっせ』第3展示場 全面

紹介ページ

http://www.artdive.net/artists/ad2014/ff7ee67d-b81f-47e6-81ee-41c381235cf5

 

広告

イタリア旅行⑦(ローマ前編)


また間が空きましたがイタリア旅行ローマ篇です。

ローマに到着した日はほぼバチカン市国しか観光出来ませんでした。滞在二日目は一日フリータイムなので、ホテルからバスに乗ってローマの中心あたりにあるヴェネツィア広場へ移動。そこから徒歩で観光スタートです。

DPP_758_Rヴェネツィア広場の前には一日目に見た巨大な建造物、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂があります。

DPP_759_R贅を尽くしたといった作りの建造物ですが、ごてごての装飾に真っ白な外壁は少々派手で、街並みから浮いているような気もしました。

DPP_793_Rこの建物、巨大ですが、市役所でもなければ教会でも、貴族の館でもありません。訪れた時は何のための建物なのか分かりませんでした。

DPP_794_R調べてみると、イタリア統一を果たした初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の功績を称えて建造されたものなのだそうです。

しかし住民の間では街の景観に合っているとは言いがたい外観から、ウェディングケーキ、入れ歯、タイプライターなどと呼ばれあまり歓迎されていないそうです。

DPP_760_R建造の際に元々あった中世の街並みを撤去して建てられたらしく、古い建物を残す運動を大々的にしているイタリアにあって、珍しく疑問に感じる建物でした。

DPP_756_Rさて、この日の最初の目的地はローマの休日で有名なアレのある場所です。ローマは建物は古いとは言え、全体的にアスファルトで舗装されているため都会的な雰囲気ですが、歩いていると所々に古代ローマ時代の遺跡が残っていて不思議な時代感覚に陥ります。

DPP_750_R少し歩くと円形の古い建物が。良く似ていますがコロッセオではありません。マルケッルス劇場という古代ローマの劇場なのだそうです。車やバイクのサイズから、コロッセオよりは小さいのがわかります。

しかし建造されたのは紀元前13年ごろなので、コロッセオよりも年代は100年近く古いようです。現在は上の部分がアパートとして利用されているのだとか。

DPP_751_R DPP_752_R更に古い街並みを見ながらとことこ。

古びた石造りの建物の横に敷かれたアスファルトの上を車が行きかうというなんとも不思議な空間。

DPP_755_Rしかし欧州車はやはり良いです。日本でも未だにそこそこ走っているオールドミニクーパーですが、ヨーロッパで見るととても馴染んで見えます。

DPP_753_Rそして第一チェックポイントに到着。サンタ・マリア・イン・コスメディン教会です。今まで見てきた壮大な建物からするとこじんまりとした建物ですが、

DPP_754_Rここにはとても有名な真実の口があります。

非常に人気のある観光スポットで、早めに出発したにもかかわらず、すでにかなりの人が列をなしていました。当然皆ここに手を入れて記念撮影するのが目的です。

私はと言うと、実はそれほど興味があったわけではないので、外から撮影だけして次の目的地へ。ちなみに真実の口が置かれているのは教会の外側、柵で覆われた場所なので、横からなら並ばずに写真を撮る事が出来ます。

DPP_757_R

今更ですが、実は7月に造形作家集団-chevalier-のメンバーで、学生時代から連れ添ってきたなかむらえりなさんと入籍しました。今回の旅行は所謂新婚旅行です。

どこかに書かなければと思いながらどこで触れていいのか分からずこの妙なタイミングになってしまいました。

実は真実の口を見たいと言いだしたのは彼女で、ローマでは彼女の好きな映画、「ローマの休日」と「天使と悪魔」に登場した場所をメインに散策します。

DPP_762_Rサンタ・マリア・イン・コスメディン教会から一度ヴェネツィア広場まで引き返して次の目的地に向かいます。

DPP_761_R古代ローマ時代のショッピングモールだそうです。大昔に、既に5階建てのショッピングモールがあったというのが、日本の同じ時代と繋げて考えるとどうにも信じられません。本当に高度な建築技術です。

ローマも写真が多いのでひとまずここまで。

イタリア旅行⑤(チヴィタ・ディ・ヴァーニョレージョ)


フィレンツェを離れ、バスに乗りしばしのドライブ。最終目的地はイタリアの首都、古の都ローマです。

しかしその前に少し寄り道します。

DPP_648_Rバスから見える景色も歴史を感じる建物ばかり。

DPP_649_R遠くに見える街。地形自体が日本とは全く違い、ヨーロッパにいるのだと感じさせられます。DPP_650_Rこうして今は流れてしまうだけの景色の中にも、人が暮らしているのだと考えながら、

街の名前はなんというのだろうか。

どんな歴史を刻んできた街なのだろう。

どんな人が暮らしていて、どんな生活を送っているのだろう。

・・・そんな事を思っていました。

DPP_651_R城壁でしょうか。イタリアは現在では一つの国家ですが、元々はフィレンツェやシエナなど、それぞれが独立した国であったそうです。

この城壁の街も、そんな歴史があるのかもしれません。

DPP_652_Rかなり道の悪い山を登り、結構酔いながらもふもとの街に到着。

ここからは道が狭いため、観光バスでは入れません。

DPP_653_Rシャトルバスに乗るために少し歩きます。

DPP_654_Rこの街もいい雰囲気でとても気になりましたが、目的地はあくまでチヴィタなので、残念ながら見て回る時間はありませんでした。DPP_666_Rシャトルバスに乗ると5分もかからずにチヴィタ・ディ・ヴァーニョレージョに到着です。

DPP_104_R正面に見える橋が唯一の街への入り口です。切り立った崖の上に立つ外観から、天空の町とも呼ばれます。人口は20人前後の今回の旅の中でも最も小さな街です。チヴィタ2_R_R橋の左手には街が見えますが、チヴィタの周りは完全に崖になっているため、この街へ行くにはかなり迂回しなければいけないと思います。地形的に孤立しているのが分かります。DPP_665_R_R橋を渡り、坂を上って街の中へ向かいます。

DPP_667_R

DPP_105_R橋自体は最近改装されたのか、近代的でまだ真新しい物ですが、橋を渡るととても古い石造りの街並みになります。

街の起源は驚く程古く、2500年以上のはるか昔にエトルリア人が作った街だそうです。

DPP_668_R遺跡のような入り口を潜って中へ。

DPP_106_R観光地としては日本ではあまり知られておらず、訪れる人はかなり少ないそうです。ガイドさんから見てもツアーに入っていること自体がかなり希なのだとか。

DPP_660_R_R他にも欧米の観光客はいましたが、街自体に観光地的な雰囲気はありません。田舎の村を覗いているという印象。

DPP_669_R一応最近は観光地として有名になっているので、少しだけ土産屋があるのと、レストランや宿泊施設もオープンし始めているようです。

DPP_670_R街全体が遺跡のようで、ただ歩いているだけでも吸い込まれるような魅力があります。

DPP_657_R歩いているとよく猫に出くわします。

DPP_658_RDPP_674_R 猫たちも人にとても慣れているようで、自分から擦り寄ってくるこもいます。

DPP_675_R

ゆったりとした性格のこが多い様子。

DPP_673_R

DPP_656_R_R塀の上に陣取っているこもいました。定位置なんでしょうか。近づいても逃げる様子もありません。

DPP_663_RDPP_109_Rどの建物も美しいのですが、外階段がある家に何故だか心惹かれます。不思議な美しさを持つバランスです。

DPP_655_R街の中心には教会があります。チヴィタ_R_Rまたしてもガタガタですがこんな感じで教会の前は広場になっています。今までの街のような活気も派手さもありませんが、質素で古い建物と静かな空間に独特の魅力があります。DPP_662_R_R小さな街なので中心通りを外れるとすぐに街の端につきあたります。正に天空に浮いているような景色です。

DPP_661_R_Rチヴィタにはもう一つ、「死にゆく町」という呼び名があります。

崖の上にあるこの町は、その台地の崩落の危険につねに晒されているのだそうです。穏やかで物悲しい、不思議な空気感の漂う街です。

DPP_664_R帰りの橋の手前にまた猫が。なんだか毛並みがぼさぼさしていてまだ子供のようです。あまり人には興味がないようでした。

とても小さな街なので、一時間もあれば一通りは見て回ることができると思います。カフェ等でゆっくりするのも魅力的です。

イタリア旅行①(ヴェネツィア前編)


初めての海外旅行で一週間イタリアに行っていました。

初日はヴェネツィア。そこからシエナ、サン・ジミニャーノ、フィレンツェ、チビタディヴァニョレージョ、ローマ、ヴァチカン市国を渡り歩きました。

ヴェネツィアから順にご紹介していきます。

IMG_4004_Rドゥカーレ宮殿

ヴェネツィア共和国時代の政治の中枢だった建造物。非常に洗練された美しい姿です。

IMG_4014_Rサン・マルコ広場の脇には巨大な鐘楼が聳え立っています。

IMG_4050_R今回は人が多かったので見合わせましたが、入場料を払えば鐘楼に登る事も出来ます。

IMG_4073_R

回廊に囲まれたサンマルコ広場。回廊には土産屋、飲食店、ブランドショップなどの様々な店が軒を連ねています。

気温は30度を超えるほどでしたが、乾燥しているので長袖でも快適に過ごせました。

DPP_729_R広場の石柱の上にはヴェネツィアのシンボル、聖書を持つ翼の生えたライオンの彫刻が見えます。

これはヴェネツィアの守護聖人である聖マルコのシンボルが翼の生えたライオンだった事に由来するそうです。DPP_730_RDPP_731_Rこのシンボルはヴェネツィアの各所に見られます。

IMG_4267_Rリアルト橋(Ponte di Rialto)

ヴェネツィアを扱う作品には必ずと言っていいほど出てくるのでヴェネツィアと言えばこの橋を思い浮かべる人も多いでしょう。DPP_284_R

ゴンドラ乗り場は観光客であふれていました。DPP_285_R

静かで優雅な雰囲気を想像していましたが、ゴンドラの数もかなり多く、水路も狭い所が多いため、ゴンドラ同士がぶつかりそうになるのをゴンドリエーレ(船頭)が上手く操りながら進んでいました

IMG_4329_R

DPP_155_Rリアルト橋の架かる大きな運河は、カナルグランデ(大運河の意)と呼ばれ、ヴェネツィアを文字通り二分する川です。DPP_256_R

街の景色はどこをとっても映画かなにかを見ているような壮大さがあります。建物一つ一つが非常に古い物ばかりで、ヨーロッパの建築の歴史の長さを感じます。DPP_255_R

街にはオープンカフェのお店が沢山ならんでいて、活気があります。

DPP_156_R街中に水路が走っています。そもそもヴェネツィアは、街を分断して水路を作ったのではなく、小さな島の集まりを橋で繋いで街にしていったそうです。車の通れる道はなく、市内では舟が移動の足になっています。舟用の信号もあれば、ガソリンスタンドもあります。

DPP_723_Rゴンドラ以外にも地元の人のボートや、水上タクシーなども行き来しています。

DPP_728_R歩いているとゴンドラが留めて合ったので全体を。美しい装飾が施され、シルエットも優雅な曲線を描いています。

DPP_157_R

DPP_148_R有名なカーニバル(謝肉祭)で使うためのヴェネチアンマスクのお店があちこちにありました。

DPP_138_Rブランク状態の仮面は1ユーロ(130円ほど)ぐらいからあり、豪華に装飾された高価なものまで様々な種類がありました。形の豊富さにも驚かされます。実際に行くまでに想像していたより遥かに多彩なデザインの物がありました。

DPP_158_R仮面以外にも、日本では滅多に見られないような素晴らしい衣装が沢山ありました。個人的に大好きで憧れのある片マントの貴族風の衣装も。

DPP_159_Rチェスのお店もありました。イタリア語ではスカッキ(Scacchi)と言います。写真は恐らく店で一番高価と思われるセット。見たこともないほど凝った細工で、今まで見た中でも最高のセットだと思います。

DPP_160_R以前オークションで高額出品されて話題になったマイケルジャクソンのチェスとデザイン・素材ともに似ています。同じ工房のものでしょうか?サイズはマイケルのものよりは小さいようでした。

※その後調べてイタリアのイタルファーマ(italfama)社の物だと判明。日本で見かけるイタリア製のブラスのチェスなどは大体この工房が作っている物のようです。普通のスタントンタイプのチェスセットから、このセットと同様の仕様の非常に高価なセット(数十万~百万を超えるものまで)等の多数のチェスセットを製造している会社のようです。

 

写真の整理も出来ていないのでひとまずここまで。取材旅行という側面もあったので、大量に写真をとりましたが、帰って見ると2000枚近く撮っていました。専用のソフトがないと現像できないRAWデータで保存していたので、現像処理だけでも大変です。