大英博物館展とルイス島のチェス


制作記録ではありませんが、チェスを研究する立場として注目すべき展示があったので報告です。

DPP_4574

本日から神戸市美術館で開催されている大英博物館展に行ってきました。目的はもちろん世界最古のチェス「ルイス島のチェス」
ボビーフィッシャーを探して、ハリーポッターなど様々な映画に登場しているので見たことのある人も多いはずです。
DPP_4573
前日から友人宅に泊まって所有している海洋堂製のレプリカで対局して気分を盛り上げてました。後手の赤が私。惨敗です。

DPP_4575

実物は撮影出来ませんが、エントランスには巨大な駒の撮影ブースがあります。

ミュージアムショップではレプリカの駒も何種類か販売していて大英博物館の倍以上の価格設定のようで高すぎるのが難ですが、家にあるレプリカのセットよりはオリジナルに近い造型だったので資料として泣く泣くナイトを購入しました。

DPP_4577右端の白っぽいものが今回のレプリカ。真ん中は海外製のオリジナルサイズのレプリカセットのもの。左が海洋堂のミニチュアセットのものです。

比べてみると真ん中の物は細部が省略されていたり、手足が平面的で、汚しも強すぎる気がします。

DPP_4578

ルイス島のチェスの見所はキング、クイーン、ビショップの椅子の後ろに掘られた模様です。殆どの人は正面から見ているだけでしたが、一番美しい部分なので見る機会のある方は是非。本物はセイウチの牙で作られていることもあり、質感、造型ともにこのレプリカよりもはるかに美しいです。

 

1月11日までという長期開催なので、興味のある方は是非。私はあまり興味がありませんでしたが、他にも多数の歴史的な資料が展示されていて、見ごたえがあると思います。

広告

イタリア旅行⑦(ローマ後編)


 

 

思っていた以上に長く掛かってしまったイタリア旅行記もこれが最後。

二日間滞在したホテルを離れ、空港に向かう前にもうすこしだけ観光します。

 

DPP_1120_R見えてきたのは古代ローマの象徴とも言える建造物。

コロッセオ_Rのコピーそう、コロッセオです。こんな建物が存在すること自体信じられないと思えるほど巨大で、異質な存在感を放つ建物でした。

DPP_1124_R

DPP_1616_Rここにも観光用の馬車。朝早かったこともあり人は少なかったですが、ちらほらと露店が仕事を始めるところでした。

コロッセオは過去地震で外壁が崩れたりしているそうですが、現在大規模な修繕工事が始められているそうで、一部に足場が組まれていました。

DPP_1122_R

DPP_1127_R

DPP_1121_R

DPP_1128_R

DPP_1617_R周囲にはコロッセオ以外にも色々な古い建物がありました。

そしてほんの30分くらいで次の場所へ移動。昼過ぎの飛行機に乗るので慌しくなるのは仕方がないのですが、ゆっくり見たいと思っても立ち止まれないのはツアー旅行の辛いところです。

 

トレビの泉_R_Rそしてバスで移動した先はこれも有名なトレビの泉です。

後を向いてコインを投げると願いがかなうという言い伝えがあり、観光客はここでコインを投げ込みます。

以前世界ふれあい街歩きという番組で紹介されていたのですが、世界的に有名な観光地とあって、ここに投げ込まれるコインの数が膨大で溢れてしまわないように、早朝にコインだけを吸い取る機会で回収しているそうです。ちなみに回収されたお金はローマ市から慈善活動の支援に使われているのだとか。

DPP_463_R DPP_464_Rここでの滞在時間もほんの20分ほどだったのですが、その間にトレビの泉の傍にある靴屋さんで本革の良い雰囲気のグラディエーター(ローマンサンダル)を発見。移動まで残り10分ほどしかなかったので急いで店員に身振り手振りでこれが欲しいと伝えると、サイズを測りもせずにぴったりのサイズの物を出してきてくれました。さすがプロです。

以前から本革の物を探していたのですが、日本で見かけるものはジッパーが着いていたり合皮製だったりする物が多く、古典的なデザインの物が中々見つかりませんでした。

しかしまさか本場のローマで購入することになるとは。

 

DPP_1130_R買い物も無事終えてトレビの泉から徒歩で少し移動します。

DPP_1131_R

DPP_1140_R DPP_1139_R移動中にまた車を少し。黄色い車はクーペフィアット。日本では見かけたことのない車です。

白いのは宮崎駿監督のカリオストロの城でルパンⅢ世と次元が乗っていたフィアット500。こちらも古い車なので今ではあまり見かけない車です。現行バージョンもある車なので今ではイタリアでも珍しいそうです。

 

DPP_1614_Rそして次の目的地に到着。スペイン広場です。

ローマの休日で王女がジェラートを食べるシーンでよく知られていますが、その後王女がコーンの部分をポイ捨てする事から同じ行為をする人が多いらしく、現在は飲食禁止区域になっています。なんとも残念な話です。

日本の映画「アマルフィ」のロケにも使われており、織田裕二がこの階段を駆け上がっていました。アマルフィは映画としては雰囲気に欠け今ひとつでしたが。

スペイン広場_Rかなり歪んでしまいましたがパノラマで撮るとスペイン広場前はこんな感じです。昼が近づいてきたので人も結構多くなってきました。

DPP_1615_R教会へ続く階段はトリニタ・デイ・モンティ階段といい、通称スペイン階段とも呼ばれるそうです。

DPP_1138_R

DPP_1137_R階段の上にはトリニタ・デイ・モンティ教会が建っています。

 

DPP_1142_R

スペイン広場を離れると最後の目的地、ローマ三越で休憩(という名目のツアーの買い物時間)を取りました。イタリアまで来て日本の店に行くというのは何とも変な気分です。

 

DPP_1141_R近くには古代の浴場の遺跡もありました。

 

DPP_1143_R観光を終えてレオナルドダヴィンチ空港に到着。ランチ済ませたら終にイタリアとお別れです。

DPP_1144_Rアリタリアイタリア航空の飛行機に乗り込みます。この柄もなんだか随分見慣れた気がします。

イタリアの航空会社の接客態度には驚きましたが、お国柄の違いでしょうか。スマホをいじったりガムを噛んだりというのが普通に職務中に行われていたので衝撃でした。

 

帰りの便は電子機器に不調があったらしく、映画を見ようとうすると音が正常に流れませんでした。イヤホンの故障かと思いましたが、電子的な雑音や音の欠落があり、添乗員に聞いてみると他の座席でもいくつか起こっていたようで、座席の交代も出来なかったので帰りの飛行時間はとても退屈でした。

DPP_1145_Rだんだんと空が暗くなっていきます。約12時間かけてまた日本に帰ってきたのでした。

これでようやくイタリア旅行記は終了です。夢中で撮影したので写真が膨大で、取り上げ切れなかった所もありますが、見てきた物の雰囲気は掲載できたと思います。

初めての海外旅行だったので、出発までとても不安でしたが、いざ行ってみると自由行動中も案外普通に買い物も出来、値段交渉したりと、思っていたよりも気負わずに楽しむ事ができました。

今回は新婚旅行だったので少し高めのツアーでしたが、今度は少しでもイタリア語を覚えて個人旅行で行くのを目標にしたいと思います。

 

 

最後にローマのお土産を紹介。

DPP_481_R小さな玩具店で見つけた古代ローマ兵のプレイモービル。3体セットでとても可愛いです。

DPP_482_R同じく玩具店で購入したトランプ。

DPP_483_R日本人にはあまり馴染みがありませんが、トランプには地域札というものがあり、国によって枚数が違うものがあります。現在日本ではトランプといえば52枚ですが、これは所謂英米式のカードで、イタリアでは40枚、ロシアでは36枚といった具合に差があります。逆に日本よりも多い場合もあり、100枚以上の国もあるようです。

タロットをやる人なら気付くと思いますが、この地域札の柄はタロットカードの小アルカナに類似しています。スートもスペード・ハート・クラブ・ダイヤではなく、剣・カップ・杖・コインとなっています。

このように日本のカードとは大きく違う地方札があるため、海外旅行に行ったらその国のトランプを買うのが一番いいお土産になるのではないかとずっと考えていました。

 

DPP_466_R旅を通して集まったキーホルダー&ピンバッチ。イタリア製のものは8点ほど。残りは多分中国製です。イタリア製の物は価格が高めということもありますが、それ以前に、目に付くお店においてあるのはかなりの割合で中国製だったので、イタリアのお土産事情が心配でした。

 

今後はまた制作記録を掲載していく予定です。旅行日記にここまでお付き合い頂き有難う御座いました。

 

松井 弘明

 

イタリア旅行⑦(ローマ中編2)


旅行から実に半年ほどが過ぎてしまい、年も越してしまいましたが、イタリア旅行記です。内容がやはり多すぎるので中篇を1,2に分ける事にしました。

DPP_789_R DPP_790_R DPP_791_R DPP_792_R市街地を抜けると古代ローマの遺跡が見えてきました。ここは旅行で見た遺跡の中でも特に広い範囲に建物が残っていて、本当に古代の町が一つ目の前に現れたような印象です。

現在でも調査している所も多いようで、何度か作業をしている人を見かけました。

ローマ遺跡2_Rパノラマで撮るとこんな雰囲気です。これでもまだ収まりきりませんでした。

DPP_795_R DPP_796_R DPP_797_R遺跡を通り過ぎ、ヴェネツィア広場のあたりに戻ってきたところで再びべスパの大群と遭遇。

二人乗りばかりであるあたり、ローマの休日とべスパの愛好会のようなものなのかもしれません。ガイドの話では今はイタリアでもべスパはあまり一般的に見かける車両ではないと言っていたので、珍しい光景かもしれません。

DPP_798_R DPP_799_Rヴェネツィア広場を抜けると、しばらく大通りからはずれ、次の目的地までは小さな路地を歩いてまわりました。

DPP_801_R DPP_800_Rなんでもない建物、道、一つ一つがとても美しく、景色が移り変わる旅にイタリアを感じる事が出来ました。

DPP_803_R DPP_804_R DPP_805_R初めての海外旅行でしたが、一番楽しかったのは、食事より美術館より、ただ普通の道を歩くという事であったように思います。

DPP_807_R特徴的な彫刻を過ぎて、

DPP_808_R DPP_809_Rとても古い建物を横ぎり

DPP_810_R広場に出るとまた馬車が。

DPP_811_R振り返ると先ほどの古い建物の正面が見られます。ギリシャの神殿のようですが、何の建物か分からなかったので後日分かれば追記しておきます。

DPP_812_R目的地はもうすぐです。

DPP_817_R美しい建造物とかなり大きい広場に出ました。ここが目的地ナヴォーナ広場です。

DPP_813_Rこの広場にある噴水が目的の場所です。

DPP_815_Rネプチューンの噴水。天使と悪魔で司祭が沈められ、ラングドンが助けに入った場所です。映画では柵はなかったようですが。

DPP_816_R広場は露店が多く、絵を売っている作家らしき人も多くみられ、とても活気のある場所でした。

近くにチェスを多数扱うお店もありましたが、店内なので写真は控えました。

DPP_818_R DPP_819_R DPP_820_R DPP_821_Rナヴォーナ広場を越えるとまた古い建物に囲まれた裏通りに入りました。

DPP_822_R DPP_823_R途中とても美しいバイクに遭遇。ロイヤルエンフィールドです。とても佇まいの美しい車体で、石畳の上、日の光に照らされて、何ともいえない雰囲気でそこに立っていました。

DPP_824_R少し曲がった道を抜けると

DPP_825_Rチェスの対局をしている人々が。個人的なイメージではもっとあちこちで対局している人がいるかと思いましたが、これが初めての遭遇でした。

DPP_826_Rそしてまたミニクーパー。本当に絵になります。

DPP_827_Rそしてサンタンジェロ城に到着。

DPP_828_R中は展覧会か何かをやっていたようですが、橋を渡って、外観を見て満足したので入場は見送りました。

DPP_829_Rサンタンジェロ城の脇に止められていた軍用車両。ランドローバーディフェンダーのようですが、ディフェンダーの軍用版でウルフという車両があるそうなのでそれでしょうか。ディフェンダーは好きな車ですが、軍用車両があるのは知りませんでした。ディフェンダー自体が軍用っぽいアウトドアな車種なので、不思議ではなかったのですが。

※その後調べたところ、イタリア軍で採用されている車両はランドローバーウルフに酷似しているものの、車両としてはあくまでランドローバーディフェンダーベースのもので、ウルフで強化されたシャシーなどは引き継がれていないとのこと。

DPP_830_R車ではないですが、少し面白いと思った清掃用と思われる車両。なんだかノミのようでユーモラスな姿です。

DPP_831_R DPP_832_R DPP_833_Rイタリアでは道が古く狭いため、また駐車スペースの確保の難しさから、一般に小さな車が人気のようです。

初めて日本でスマートを見たときは変わったシルエットだなと思いましたが、今のイタリアではむしろスマートを初めとした小型の車が多く走っています。

小型といえば日本の軽自動車が走っていてもよさそうなものですが、見かけることはありません。

聞くところによると、日本の軽自動車は独自の基準で進化してきたため、今のままでは海外の基準に適合出来ず、販売出来ないのだそうです。日本市場では多くを占めていながら、携帯と同じガラパゴス化の道を辿ってしまったため、現在各社で輸出のための方法が議論されているのだとか。

さて、次で本当に最後です。後編はローマ最終日。そしてイタリア最終日です。

イタリア旅行⑦(ローマ中編1)


最近忙しいので中々更新できませんでしたが、ようやくローマ中篇です。一日中フリータイムで写真が多くなってしまったので中篇は1,2に分ける事にしました。

DPP_764_Rここで少しイタリアのバイク事情をご紹介。

イタリアのバイクメーカーとしてはドゥカティ(Ducati)、アプリリア(Aprilia)、それにべスパで有名なピアッジオ(Piaggio)などがありますが、街を歩いていてむしろ良く見かけたのはドイツのBMWと、この写真のイギリスのトライアンフ(Triumph)です。

DPP_92_R今回訪れた街では大抵の街で見かけました。トライアンフは大排気量の車種がメインなのか、大型ばかりでした。

DPP_93_R

クラシックバイクが好きな人には馴染みのある名前ですが、日本ではあまり見かけないメーカーだと思います。戦前から存在し100年以上の歴史がありますが、多くの会社と同じように何度か名前が変わったり経営者が変わったりしているようです。

イタリアは道が狭い街が多く、歴史地区などの場所によっては車は通行不可でバイクは可という場合もあるので、重宝するようです。チヴィタの一本橋も住民はバイクで移動してよいのだとか。

日本は戦前のオートバイメーカーとしては陸王、メグロなどがあり、一時は警察に採用されていた時期もありましたが、設計は海外の旧世代のバイクのコピー(陸王は元よりハーレーのライセンス生産)で、大排気量、大型であったため、戦後のより日本の風土に合った車両を求めて起こった小型化戦争に対抗出来ずメグロの終焉を最後に全滅してしまいました。

イギリスのブラフシューペリアやヴィンセントのように美しいバイクを作りながらも消えてしまったメーカーもありますが、それでも欧州ではまだ古いメーカーが残っているようで羨ましいです。

DPP_765_Rさて、話を戻して次の目的地に向かいます。

DPP_766_Rそうそう、イタリアはパトカーも洒落ています。イタリアでは警察はポリツィアと言いますが、その車両は水色に近い鮮やかなブルーにホワイトのラインの入った精悍なデザインです。

数年前にランボルギーニ社がイタリア警察の125周年記念としてランボルギーニガヤルドの特別仕様車、ガヤルドポリツィアを寄贈したのですが、その車両も同様のカラーリングでした。

世界最速のパトカーと言われ、訓練を受けた少数精鋭で運用されていましたが、その後急に飛び出してきた車を避けて駐車中の一般者に正面衝突、大破するという憂き目に。ランボルギーニの車両のなかでも一番好きな車だったのでとてもショックでした。幸いけが人は一人もなかったそうですが。

DPP_768_Rとまた脱線しているうちに目的地が近づいてきました。イタリアの車やバイクは話したい事が多すぎて困ります。

DPP_769_R目的地に到着。

DPP_776_Rサンタ・マリア・デラ・ヴィットリア教会

映画「天使と悪魔」にも登場する場所です。

DPP_774_R DPP_773_R DPP_772_R DPP_771_R DPP_770_R規模的にはそれほど大きな教会ではないのですが、中に入るとその贅を尽くした内装に驚かされます。

教会が一種の娯楽としての色の濃かった時代のものだと聞きましたが、現在でも出入りしているのは観光客が多い印象でした。

DPP_767_RDPP_775_R教会を出ると近くにふんぞり返った石像が。なんだか面白かったので誰かも分からないままパシャリ。

DPP_780_R DPP_779_R DPP_778_Rしばらく歩いていると見た事のない古そうな車を発見。この時はシトロエンということ以外分かりませんでしたが、調べてみるとシトロエンAMI 8という車種でした。風変わりなフェイスも面白いですが、サイドから見たときのリア周りのシルエットが見た事のない独特な形でした。

DPP_784_R通りがいい雰囲気だったのでえりなさんに被写体になってもらって一枚。

DPP_781_R少し道を外れると市場に遭遇しました。

DPP_782_R服、本、果物など、様々な物が並んでいます。果物屋さんのフルーツがとてもおいしそうだったので、値段も買い方も分からないまま身振り手振りで白ブドウを購入。二人で食べて少しもてあますほどの量で、300円くらい。後々調べると市場の果物はとても安いようです。それにとても新鮮でした。

DPP_783_R

大きな建物の前でブドウを食べながら少し休憩。

DPP_787_Rここまでにかなりの距離を歩いているので、相当の疲労感に襲われつつも歩いていると、大通りにべスパの群れが出現。写真で伝えきれませんが、20台近くはいたのではないでしょうか。

DPP_788_R大通りから少し入ると、市街地らしい地区に出ました。

DPP_786_R階段で座って休憩しながら、ふと上を見上げると鉄格子から猫が顔を出していました。

DPP_785_Rヨーロッパの猫は日本の猫より顔が小さいような気がするのですが・・・気のせいなのか種類的にそうなのか。

ローマ中編はここまで。まだまだ紹介する場所があるので後編に入りきるのか不安です。次は間を空けずに書きたいところですが、最近忙しいのでどうなることやら・・・。

イタリア旅行⑦(ローマ前編)


また間が空きましたがイタリア旅行ローマ篇です。

ローマに到着した日はほぼバチカン市国しか観光出来ませんでした。滞在二日目は一日フリータイムなので、ホテルからバスに乗ってローマの中心あたりにあるヴェネツィア広場へ移動。そこから徒歩で観光スタートです。

DPP_758_Rヴェネツィア広場の前には一日目に見た巨大な建造物、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂があります。

DPP_759_R贅を尽くしたといった作りの建造物ですが、ごてごての装飾に真っ白な外壁は少々派手で、街並みから浮いているような気もしました。

DPP_793_Rこの建物、巨大ですが、市役所でもなければ教会でも、貴族の館でもありません。訪れた時は何のための建物なのか分かりませんでした。

DPP_794_R調べてみると、イタリア統一を果たした初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の功績を称えて建造されたものなのだそうです。

しかし住民の間では街の景観に合っているとは言いがたい外観から、ウェディングケーキ、入れ歯、タイプライターなどと呼ばれあまり歓迎されていないそうです。

DPP_760_R建造の際に元々あった中世の街並みを撤去して建てられたらしく、古い建物を残す運動を大々的にしているイタリアにあって、珍しく疑問に感じる建物でした。

DPP_756_Rさて、この日の最初の目的地はローマの休日で有名なアレのある場所です。ローマは建物は古いとは言え、全体的にアスファルトで舗装されているため都会的な雰囲気ですが、歩いていると所々に古代ローマ時代の遺跡が残っていて不思議な時代感覚に陥ります。

DPP_750_R少し歩くと円形の古い建物が。良く似ていますがコロッセオではありません。マルケッルス劇場という古代ローマの劇場なのだそうです。車やバイクのサイズから、コロッセオよりは小さいのがわかります。

しかし建造されたのは紀元前13年ごろなので、コロッセオよりも年代は100年近く古いようです。現在は上の部分がアパートとして利用されているのだとか。

DPP_751_R DPP_752_R更に古い街並みを見ながらとことこ。

古びた石造りの建物の横に敷かれたアスファルトの上を車が行きかうというなんとも不思議な空間。

DPP_755_Rしかし欧州車はやはり良いです。日本でも未だにそこそこ走っているオールドミニクーパーですが、ヨーロッパで見るととても馴染んで見えます。

DPP_753_Rそして第一チェックポイントに到着。サンタ・マリア・イン・コスメディン教会です。今まで見てきた壮大な建物からするとこじんまりとした建物ですが、

DPP_754_Rここにはとても有名な真実の口があります。

非常に人気のある観光スポットで、早めに出発したにもかかわらず、すでにかなりの人が列をなしていました。当然皆ここに手を入れて記念撮影するのが目的です。

私はと言うと、実はそれほど興味があったわけではないので、外から撮影だけして次の目的地へ。ちなみに真実の口が置かれているのは教会の外側、柵で覆われた場所なので、横からなら並ばずに写真を撮る事が出来ます。

DPP_757_R

今更ですが、実は7月に造形作家集団-chevalier-のメンバーで、学生時代から連れ添ってきたなかむらえりなさんと入籍しました。今回の旅行は所謂新婚旅行です。

どこかに書かなければと思いながらどこで触れていいのか分からずこの妙なタイミングになってしまいました。

実は真実の口を見たいと言いだしたのは彼女で、ローマでは彼女の好きな映画、「ローマの休日」と「天使と悪魔」に登場した場所をメインに散策します。

DPP_762_Rサンタ・マリア・イン・コスメディン教会から一度ヴェネツィア広場まで引き返して次の目的地に向かいます。

DPP_761_R古代ローマ時代のショッピングモールだそうです。大昔に、既に5階建てのショッピングモールがあったというのが、日本の同じ時代と繋げて考えるとどうにも信じられません。本当に高度な建築技術です。

ローマも写真が多いのでひとまずここまで。

イタリア旅行⑥(バチカン市国)


チヴィタを離れて昼頃にはローマに到着。

DPP_676_Rヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂を抜けてまずはランチのお店に移動。この建物についてはまた後ほど。

ランチは日本人観光客向けのお店で正直美味しくはありませんでした。・・・ので触れません。

DPP_677_R食事を済ませると現地ガイドと合流。ローマの中にある世界最小の国、バチカン市国へ向かいます。

DPP_678_Rバチカン美術館に入る際にボディーチェックはありますが、特別な入国手続きなどはありません。一国家であると言っても特殊な形態の国のため、イタリアに入国する人は入国が許されているそうです。

DPP_679_Rイヤホンガイド付きのツアーの場合はここで専用の機材を渡されます。普通は旅行会社から渡されるのですが、バチカン市国では専用の物を使う決まりなのだそうです。

DPP_680_R美術館に入る前に色々と説明を受けます。途中建物を撮影できるポイントがあり

DPP_681_R DPP_682_R DPP_683_R DPP_684_R中には多数の美術品が。

DPP_687_R DPP_686_R面白いのがこの天井。一見立体的なレリーフに見えますが、実際には騙し絵のようになった絵画です。

DPP_685_Rところどころ破損しているところもあります。

DPP_688_R多数の絵画や織物を見ながらどんどん進みます。

DPP_689_R建物一面がこのような状態で、信じられない労力が掛かっているであろうことに驚かされます。

DPP_690_R DPP_691_R甲冑のレリーフも。ヨーロッパに行ったら制作の参考に甲冑を見たいと思っていましたが、実物の甲冑は結局見られませんでした。兜だけなら売っているお店もありますが。

DPP_692_R一体この小さな国にどれほどの彫刻があるのでしょうか。

DPP_694_R DPP_693_Rレリーフもそこかしこにあります。

DPP_695_Rバチカン美術館を出てシスティーナ礼拝堂へ。

DPP_696_R DPP_697_R中にも煌びやかなレリーフや彫刻。

DPP_698_Rミケランジェロの「ピエタ」。

哀れみ、慈悲などの意味を持つイタリア語で、十字架から下ろされたキリストを抱くマリアというテーマの作品の形態です。宗教芸術では良くありますが、同じ題材で多数の作家が作品を制作しています。

その美しさに嫉妬した芸術家が破壊しようとした事件が原因で、現在はガラスに覆われています。とても残念です。

DPP_699_Rシスティーナ礼拝堂の中は薄暗く、高い屋根とドームから取り入れられた光が荘厳な空間を演出しています。

DPP_701_R私は無神論者ですが、この空間を作り上げた人々がいたことには素直に驚嘆しました。権威ある宗教建築でなければ、これほどのものは作れなかったでしょう。

DPP_702_R DPP_703_RDPP_704_R礼拝堂の中のマンホール(なのかわかりませんが)のふた。金属製で、細かい装飾が施された姿は宝飾品のようです。

DPP_705_R外に出るとバチカン市国を守るスイス衛兵の姿が。派手なデザインはミケランジェロデザインという説もありますが、どうも諸説あるようです。

写真で見ると派手な制服はこの場に合わないのではないかと思っていましたが、実際に眼にすると不思議と馴染んで見えました。交代の時以外は直立不動です。

 

DPP_706_R夜のサン・ピエトロ大聖堂。美しくライトアップされています。

DPP_707_R少し離れたほうがドームが写って綺麗なのですが、離れると石塔が写りこんでしまうので正面からは上手く撮れません。この広場の雰囲気を写真で伝えるのは少し難しいようです。

イタリア旅行⑤(チヴィタ・ディ・ヴァーニョレージョ)


フィレンツェを離れ、バスに乗りしばしのドライブ。最終目的地はイタリアの首都、古の都ローマです。

しかしその前に少し寄り道します。

DPP_648_Rバスから見える景色も歴史を感じる建物ばかり。

DPP_649_R遠くに見える街。地形自体が日本とは全く違い、ヨーロッパにいるのだと感じさせられます。DPP_650_Rこうして今は流れてしまうだけの景色の中にも、人が暮らしているのだと考えながら、

街の名前はなんというのだろうか。

どんな歴史を刻んできた街なのだろう。

どんな人が暮らしていて、どんな生活を送っているのだろう。

・・・そんな事を思っていました。

DPP_651_R城壁でしょうか。イタリアは現在では一つの国家ですが、元々はフィレンツェやシエナなど、それぞれが独立した国であったそうです。

この城壁の街も、そんな歴史があるのかもしれません。

DPP_652_Rかなり道の悪い山を登り、結構酔いながらもふもとの街に到着。

ここからは道が狭いため、観光バスでは入れません。

DPP_653_Rシャトルバスに乗るために少し歩きます。

DPP_654_Rこの街もいい雰囲気でとても気になりましたが、目的地はあくまでチヴィタなので、残念ながら見て回る時間はありませんでした。DPP_666_Rシャトルバスに乗ると5分もかからずにチヴィタ・ディ・ヴァーニョレージョに到着です。

DPP_104_R正面に見える橋が唯一の街への入り口です。切り立った崖の上に立つ外観から、天空の町とも呼ばれます。人口は20人前後の今回の旅の中でも最も小さな街です。チヴィタ2_R_R橋の左手には街が見えますが、チヴィタの周りは完全に崖になっているため、この街へ行くにはかなり迂回しなければいけないと思います。地形的に孤立しているのが分かります。DPP_665_R_R橋を渡り、坂を上って街の中へ向かいます。

DPP_667_R

DPP_105_R橋自体は最近改装されたのか、近代的でまだ真新しい物ですが、橋を渡るととても古い石造りの街並みになります。

街の起源は驚く程古く、2500年以上のはるか昔にエトルリア人が作った街だそうです。

DPP_668_R遺跡のような入り口を潜って中へ。

DPP_106_R観光地としては日本ではあまり知られておらず、訪れる人はかなり少ないそうです。ガイドさんから見てもツアーに入っていること自体がかなり希なのだとか。

DPP_660_R_R他にも欧米の観光客はいましたが、街自体に観光地的な雰囲気はありません。田舎の村を覗いているという印象。

DPP_669_R一応最近は観光地として有名になっているので、少しだけ土産屋があるのと、レストランや宿泊施設もオープンし始めているようです。

DPP_670_R街全体が遺跡のようで、ただ歩いているだけでも吸い込まれるような魅力があります。

DPP_657_R歩いているとよく猫に出くわします。

DPP_658_RDPP_674_R 猫たちも人にとても慣れているようで、自分から擦り寄ってくるこもいます。

DPP_675_R

ゆったりとした性格のこが多い様子。

DPP_673_R

DPP_656_R_R塀の上に陣取っているこもいました。定位置なんでしょうか。近づいても逃げる様子もありません。

DPP_663_RDPP_109_Rどの建物も美しいのですが、外階段がある家に何故だか心惹かれます。不思議な美しさを持つバランスです。

DPP_655_R街の中心には教会があります。チヴィタ_R_Rまたしてもガタガタですがこんな感じで教会の前は広場になっています。今までの街のような活気も派手さもありませんが、質素で古い建物と静かな空間に独特の魅力があります。DPP_662_R_R小さな街なので中心通りを外れるとすぐに街の端につきあたります。正に天空に浮いているような景色です。

DPP_661_R_Rチヴィタにはもう一つ、「死にゆく町」という呼び名があります。

崖の上にあるこの町は、その台地の崩落の危険につねに晒されているのだそうです。穏やかで物悲しい、不思議な空気感の漂う街です。

DPP_664_R帰りの橋の手前にまた猫が。なんだか毛並みがぼさぼさしていてまだ子供のようです。あまり人には興味がないようでした。

とても小さな街なので、一時間もあれば一通りは見て回ることができると思います。カフェ等でゆっくりするのも魅力的です。